ブログ

アクセス・周辺観光

田植えをしました

先日、民俗村の中にある田んぼと、民俗村南門脇の棚田に、餅米の苗を植えました。

当日は、雲一つない快晴で、絶好の田植え日和!

ヤギの幸(ゆき)ちゃんと福(ふく)ちゃんは、田植えを見守る係です。

代掻き後の田んぼには、ドジョウの姿もありました。

 

田植えの前に、田植えをする前の田んぼの準備や、植えてからの水の管理などのお話を聞きました。

 

【こめ】という漢字は八十八の手がかかるから【米】と書く

 

と聞いた事がありますが、本当にそれだけの手がかかって収穫されるんだ、という事が分かりました。

そして、いざ!田植え開始!

田植え初体験の私は、長靴が脱げそうになったり、そもそも足が上がらず身動きがとれなかったり、と、田んぼの泥に悪戦苦闘

思い切って裸足で田んぼに入った方が良かったかなぁ、と思いました。

 

レストハウス・民俗村職員に加え、有志の方々にもお手伝い頂き、午前中で全ての田んぼに稲を植えることができました。

 

田植えの後は、みなさんお待ちかねのお昼の時間。

その昔、農作業は近所総出で行うもので、作業の合間の休憩時にみんなで食べる「小昼」が楽しみだったといいます。

今回は、それを再現したお昼を用意し、みんなで美味しく頂きました。

 

 

㈱展勝地では、こういった体験型のイベントも企画しております。

しかし今回は、コロナウイルス感染症の事もあり、参加者の募集はしませんでした。

特に、次の世代を担う子供たちに、こういった経験をして頂きたいと思っています。

プライスレスの経験を、ぜひご家族で!

今後、状況が落ち着いてきましたら、改めて告知致しますので、どうぞお楽しみに!

みちのく民俗村 -Michinoku Folkrore Village- [公式ホームページ] 北上市立博物館

トップへ戻る