企画・イベント

企画・イベント

イベント・催事、これからの開催予定

開催日:令和3年6月26日(木·祝)〜25日(日)

場所:みちのく民俗村

展勝地がいあ市バザール街道107 アラド楽土市 第2回出店者決定!

第1回も大好評の展勝地がいあ市バザール街道107 アラド楽土市。
6月26
日(木·祝)〜25日(日)に開催される第2回の出店者が決定いたしました!

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

 

【期日】
6月26日(木·祝)〜25日(日)
午前9時〜午後3時
(雨天決行 荒天中止)

【開催場所】
みちのく民俗村

【出店者】
こちらのチラシをご覧ください

【後援】
・北上商工会議所
・北上観光コンベンション協会
・kitakami gohan
・岩手日日新聞社 
・岩手日報社

開催日:募集締め切り6月10日

場所:

第3回アラド楽土市 出店者募集

7月22日(木·祝)、25(日)にみちのく民俗村で開催予定の『第3回 アラド楽土市』の出店者を募集します。

テイクアウトできる地場産食材で、自ら生産した商品の販売をしていただける国道107号沿線市町村にお住まいの方が対象です。

出店をご希望の方は、書類一式を郵送いたしますので、お電話またはファックスにてお問い合わせください。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

 

開催日:

場所:展勝地レストハウス

折詰料理/お弁当 ご予約承り中

各種折詰料理、お弁当のご予約承ります。
北上市内へは配達もお受けいたします。

ご予約は、こちらの注文用紙に必要事項を記入の上ファックスいただくか、お電話にてお問い合わせください。

『ファックス注文用紙』

詳細は、こちらのチラシをご覧ください。

 

開催日:

場所:展勝地レストハウス

松花堂弁当 ご予約承り中

松花堂弁当(店内飲食メニュー)のご予約承ります。

ご予約は、こちらの注文用紙に必要事項を記入の上ファックスいただくか、お電話にてお問い合わせください。

『ファックス注文用紙』

詳細は、こちらのチラシをご覧ください。

 

開催日:6月13日(日)

場所:みちのく民俗村内 園内

旧暦で祝う端午の節句

わんぱくあつまれ!端午の節句!

みちのく民俗村の各施設をめぐり、新聞紙で兜や刀づくり、正解すると村内”結っこ田んぼ”で収穫されたもち米がもらえるクイズ、菖蒲のプレゼントなど、盛りだくさん。

午前、午後それぞれ30名の定員(要予約)となります。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

開催日:5月1日~10月31日の土、日、祝日

場所:みちのく民俗村

みちのく民俗村のてどびより

「てど」とは、手作業、手際のいいという意味です。

羊さんの毛を毛糸つむぎ、神の目アート、モコモコ巾着づくり、ふわふわポンポン作りと楽しい手作業を体験できますし、ヨシカズじいさまと縄の作る体験もできます。 また、ミンさんのさき織り実演を見られます。

5月1日~10月31日まで、土日祝日開催です。

 

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

開催日:6月12日~7月25日の土、日、祝日

場所:みちのく民俗村

岩手のクラフト村inみちのく民俗村

北上市のみちのく民俗村に土日祝日には岩手のつくり手さんたちがやってくる!

日にち限定でワークショップも開催!この機会にぜひ気になるクラフトを見て、触って、体験しよう!気になる商品はすぐにご購入もできます!

 

詳しくはこちら

開催日:6月27日 午前9:30〜正午ころまで

場所:みちのく民俗村内 園内田んぼ前

結っこ田んぼ 第2回”田んぼの草とり”開催

『満員御礼』
参加申し込みが定員となりました。

お申し込みありがとうございました。

6月27日(日)結っこ田んぼ 第2回”田んぼの草とり”を開催します。

【参加費】
 大人    1,000円(税込)
 小学生以下 500円(税込)
 (小昼代、損害保険付き)

【持ち物】
 長靴、タオル、帽子、マスク、軍手、汚れてもいい格好
 虫取り網、虫取りカゴなど
 ※雨天決行

 終わった後に、みなさんで小昼(コビリ)を食べましょう。

【申し込み】
 みちのく民俗村 電話: 0197-72-5067
         FAX: 0197-72-5074
         メール:michinoku.fv@gmail.com

詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。

開催日:5/15(土)、6/26(土)、7/3(土)、7/22(木·祝)

場所:みちのく民俗村 体験工房・星川家

みちのく民俗村にて「フリースからはじめるものづくり」開催

『満員御礼』
参加申し込みが定員となりました。

お申し込みありがとうございました。

5月15日(土)、6月26日(土)、7月3日(土)、7月22日(木·祝)の4回にわたり、みちのく民俗村にて『フリースからはじめるものづくり』を開催します。

刈りとった羊の毛から作品が出来上がるまでの道のりを、一通り歩んでみる会です。
4回通しての参加はもちろん、やってみたい会を選ぶことも可能です。
羊毛を洗ってみたいけど方法が分からない、大変そう…と思っている方、とにかく何か作ってみたい方。気楽に羊毛と遊んでみませんか?

詳しくはこちらのチラシをご覧ください

【開催日】
(1)5月15日(土) 「羊毛を洗う」
(2)6月26日(土) 「羊毛を染める」
(3)7月3日(土)  「糸をつくる」
(4)7月22日(木·祝)「リストウォーマーを編む」

【参加費】
 各回 3,500円
(4回分まとめてお申込みすると、合計金額から1,000円割引)

※2回目以降から参加のする場合は、別途羊毛をご購入いただきます(洗い済み・未染色 50g/500円、100g/1,000円)
※4回目のみのお申し込みは、お受けできません。

【募集人数】
 各回6名(中学生以上/要予約)
 ※定員になり次第受付終了

【会場】
 みちのく民俗村 体験工房・星川家

【 参加申込み・お問合せ】
※参加申し込み受付は定員のため終了しました

 電話でのお申込み・お問合せ
 電話 0197-72-5067

 FAXでのお申込みお問合せ
 FAX 0197-72-5074

 メールでのお申込み
 みちのく民俗村ホームページ内のメールフォームに「お名前」「メールアドレス」「電話番号」「住所」を入力し、「お問合せ内容」欄に以下の内容を入力して送信してください。
・『フリースからはじめるものづくり 参加希望』
・参加希望日(5月15日(土)、6月26日(土)、7月3日(土)、7月22日(木·祝)、または全4回参加)
・参加希望人数

 

 ※新型コロナウイルス感染症対策を行いながら開催いたします

これまでのイベントリポート

第16回 展勝地 新蕎麦を食う会(終了しました)

開催日:2019年11月1日(金)

場所:展勝地レストハウス

今年で16回目を迎える新蕎麦を食う会も100名を超えるお客様に来ていただきました。
100%北上産の新蕎麦粉での〝ひきたて、打ちたて、ゆでたて〟の蕎麦はもちろん、地産地消にこだわったお料理でした。一部ご紹介します。

「落葉きのこ大根おろし和え」
落葉きのことは、名前のとおり落葉松(カラマツ)の地面に生息しているきのこのことで、なめこのようなぬめりがあります。きのこそのものが美味しいので大根とシンプルに和えました。
お酒は、限定遠野産ホップ使用「一番絞り とれたてホップ生ビール」、立花産酒米での北上喜久盛の「北上夜曲 純米生原酒」、盛岡あさ開の「蔵埠頭COLOR本醸造」(IWCインターナショナル・ワイン・チャレンジ2019のSAKE部門で金賞受賞)など。

10月16日からは食堂メニューも新しくなり、展勝地蕎麦をより一層おいしく召し上がっていただける内容になっていますので、ぜひお越しくださいませ。
11月1日から食堂も新蕎麦になっています。

今回もご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

第17回 藍と古布「和の衣を着る」(終了しました)

開催日:令和元年6月25日(火)〜7月7日(日)(月曜日定休)

場所:展勝地レストハウス

初夏の恒例企画 藍と古布「和の衣を着る」も今年で17回目となります。

岩手県内、三業者の協力をいただき、涼やかな藍染、日本の時代時代の文化を映す古布の創作服と小物たち、繊細な彫金技術のシルバーアクセサリーなど、夏の生活提案をさせていただきました。
400人を超える多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。

令和元年を迎え、2回目の特別企画 盛岡手づくり村に天然藍工房をもつ“染屋 たきうら”様のご協力をいただき、〝天然藍本染 手絞り浴衣 50反から今年の夏の一着をお仕立てする〟 この企画も若い20代~30代のお客様にも興味をもってお買い上げいただきました。

平成27年度 国選定卓越技能者「現代の名工」に選ばれました三代目滝浦輝夫さんの天然藍本染手絞りの美しさを伝える事ができたのは嬉しいことでした。

  

詳細はこちらのリーフレットをご覧ください

 

第32回 展勝地アラド寄席 三遊亭竜楽 独演会(終了しました)

開催日:令和元年6月1日(土)

場所:展勝地レストハウス

32回目を迎える展勝地アラド寄席三遊亭竜楽独演会。

今回は展勝地を会場に6年目の全国各地の陶器が集まる「全国大陶器市」と重なりまして、演目も陶器と重ねた内容も一席ありました。

今回は、いつも来ていただいているご常連のお客様の他、初めて来ていただいたお客様も多かったので、竜楽師匠は、「古典落語の始まりとは?」や「寄席の歴史」について最初に説明して頂きました。

また、5月の台湾ツアーの話もして下さいました。

台湾ツアーの方は、三遊亭竜楽師匠のFacebookでご覧いただけます。

今回もご来場いただきました皆さま、ありがとうございます。

 

今回の演目

前座 三遊亭まん坊 黄金の大黒
          穴子でからぬけ 

三遊亭竜楽 一 席 短命

      二 席 井戸の茶碗

 

その他、詳細はこちらのチラシをご覧ください。

 

全国大陶器市(終了しました)

開催日:令和元年5月25日(土) 〜6月2日(日)

場所:展勝地レストハウス前  駐車場特設会場

全国の有名産地、窯元の焼き物が一挙に勢揃い!

詳細はチラシをご覧ください

第31回 展勝地アラド寄席 三遊亭竜楽 独演会(終了しました)

開催日:平成31年2月15日(金)

場所:展勝地レストハウス

展勝地アラド寄席は年に2回、旧暦の正月と夏至の頃で、今回15日は旧暦の鏡開きの日に開催となりました。

2月に行われる寄席では、新春もちまきや大抽選会と毎回大盛り上がりです。
今回の抽選会の内容として、竜楽師匠からサイン入り色紙、凧、手拭い。当社からは長寿餅(紅白銭餅100個)、岩手県産長いも、オリジナルデザインの憲法風呂敷、甘酒、鬼剣舞クリアファイルでした。

また、1月15日には、外国語&日本語落語DVD第二弾「三遊亭竜楽の外国語落語 with 浮世絵」が発売され、当店でも好評発売中です。

今回もご来場いただきました皆さま、ありがとうございます。

■今回の演目■
 前座 三遊亭西村 浮世根問
 三遊亭竜楽 一席 金明竹
       二席 男の花道

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

家で糸を紡ぐ
homespunと手仕事 Vol.25
(終了しました)

開催日:11月20日(火)~12月2日(日)

場所:展勝地レストハウス

今年は、25回目記念として期間を1週間延長して2週間の開催期間でした。

今回は、ニット作家の林ことみ様からのご縁もあり、㈱日本ヴォーグ社様のSNSに、今回の企画展を紹介していただき、県内外からも多数のお客様に来ていただきました。
岩手の手仕事に直接触たりと、お客様にも楽しんで頂くことが出来ました。沢山のご来場、誠にありがとうございました。

企画展は終わりましたが、岩泉スピンクラフトの草木染めの手紡ぎ毛糸や、マフラー、セーター、日本ホームスパンのストール、羊の小物や、サフォーク羊の靴下、糸を紡ぐスピンドルなど多数、店内にありますので、是非お越しくださいませ。

イベント詳細は、こちらのリーフレットをご覧ください

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
みちのく民俗村 -Michinoku Folkrore Village- [公式ホームページ] 北上市立博物館

トップへ戻る