企画・イベント

企画・イベント

イベント・催事、これからの開催予定

開催日:2020年11月

場所:展勝地レストハウス

2020展勝地 新蕎麦を食う会 中止のお知らせ/新蕎麦のご案内

毎年、食の安全と安心を基底に、身土不二の考え方で土産土法の知恵を生かし地産地消を推進してきました。新蕎麦は「三たて」、お酒は「地酒」、肴は地物食材100パーセントでご参加の皆様に喜んでいただきたいとの思いで企画してきました。

新蕎麦を食う会では「三たて」にこだわり皆さまの前でそばを打ってお見せしていましたが、今年はコロナウィルス感染拡大を鑑み、食の安全と安心が難しいと思い、残念ながら中止とさせていただきます。

 

また、新蕎麦は10月24日(土)〜ご提供となります。

実りの秋を迎え、新物を味わっていただきたく、新蕎麦と新米の展勝地もちを多くに人にたくさん召し上がっていただきたいと11月限定のメニューをご用意いたしました。

ぜひ展勝地レストハウスに足をお運びいただき、新物をご堪能ください。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

開催日:令和2年10月24日(土)・25日(日)

場所:みちのく民俗村

展勝地がいあ市バザール街道107 アラド楽土市 出店者決定

10月24日(土)・25日(日)に開催の、アラド楽土市の出店者が決定。

岩手の暮らしぶりを今に伝える「みちのく民俗村」の佇まいと、四季折々の自然の中で〝市〟本来の祝祭的雰囲気を、売り手と買い手が共に楽しみながら、北上の食を中心に人と人とのつながりを作る、展勝地がいあ市バザール街道107〝アラド楽土市〟。

第2回目の開催に、ぜひ足をお運びください。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください

開催日:令和2年10月25日(日)

場所:みちのく民俗村内 園内田んぼ前

結っこ田んぼ 第3回「脱穀と収穫祭」

10月25日(日)、結っこ田んぼ 第3回「脱穀と収穫祭」を 開催します。足踏み脱穀機と唐箕(とうみ)を使用した脱穀作業や、臼と杵をつかった餅つきなどを体験。

 

【場所】
 みちのく民俗村内 園内田んぼ前

【会費】
 大人    1,000円
 小学生以下  500円
 ※雨天決行
 ★終わった後に、皆さんで小昼(コビリ)を食べましょう

【持物】
 長靴、タオル、帽子、マスク、軍手

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

開催日:令和9月12日(土)〜11月1日期間中の土日祝

場所:みちのく民俗村

「秋のワークショップ in みちのく民俗村」開催

9月12日(土)から11月1日の期間中、「秋のワークショップ in みちのく民俗村」を開催いたします。

古民家で、様々なクラフトの体験ができるワークショップです。
展示即売も開催しますので、気になる商品はその場でご購入できます。

ぜひお気軽にご参加ください。
ワークショップへの参加は、事前にお申し込みください

(ワークショップによって、開催日が異なります)

詳しくはチラシをご確認ください。

開催日:9月19日〜9月25日

場所:展勝地レストハウス

お彼岸餅ご予約受付中

お彼岸は先祖の霊を敬い自然をいつくしむ日。

餅重、おふかし重などの他、通常のパック餅(あずき、ごま、きなこ、くるみ)銭餅各種もございます。

御注文お待ちいたしております。

 

餅重(あずき、ごま、きなこ、くるみ) 2,400円

おふかし重     2,250円

大福      1ケ 250円

 

ご予約お申し込み、お問い合わせはチラシをご覧ください

開催日:令和2年7/11日〜8/10

場所:みちのく民俗村

岩手のクラフト村 in みちのく民俗村開催

北上市のみちのく民俗村に岩手の作り手たちがやってくる!

日にち限定で各種ワークショップも開催!

この機会にぜひ気になるクラフトを見て、触って、体験しよう!

展示即売も開催!気になる商品はその場でご購入いただけます。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

 

これまでのイベントリポート

第17回 藍と古布「和の衣を着る」(終了しました)

開催日:令和元年6月25日(火)〜7月7日(日)(月曜日定休)

場所:展勝地レストハウス

初夏の恒例企画 藍と古布「和の衣を着る」も今年で17回目となります。

岩手県内、三業者の協力をいただき、涼やかな藍染、日本の時代時代の文化を映す古布の創作服と小物たち、繊細な彫金技術のシルバーアクセサリーなど、夏の生活提案をさせていただきました。
400人を超える多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございます。

令和元年を迎え、2回目の特別企画 盛岡手づくり村に天然藍工房をもつ“染屋 たきうら”様のご協力をいただき、〝天然藍本染 手絞り浴衣 50反から今年の夏の一着をお仕立てする〟 この企画も若い20代~30代のお客様にも興味をもってお買い上げいただきました。

平成27年度 国選定卓越技能者「現代の名工」に選ばれました三代目滝浦輝夫さんの天然藍本染手絞りの美しさを伝える事ができたのは嬉しいことでした。

  

詳細はこちらのリーフレットをご覧ください

 

第32回 展勝地アラド寄席 三遊亭竜楽 独演会(終了しました)

開催日:令和元年6月1日(土)

場所:展勝地レストハウス

32回目を迎える展勝地アラド寄席三遊亭竜楽独演会。

今回は展勝地を会場に6年目の全国各地の陶器が集まる「全国大陶器市」と重なりまして、演目も陶器と重ねた内容も一席ありました。

今回は、いつも来ていただいているご常連のお客様の他、初めて来ていただいたお客様も多かったので、竜楽師匠は、「古典落語の始まりとは?」や「寄席の歴史」について最初に説明して頂きました。

また、5月の台湾ツアーの話もして下さいました。

台湾ツアーの方は、三遊亭竜楽師匠のFacebookでご覧いただけます。

今回もご来場いただきました皆さま、ありがとうございます。

 

今回の演目

前座 三遊亭まん坊 黄金の大黒
          穴子でからぬけ 

三遊亭竜楽 一 席 短命

      二 席 井戸の茶碗

 

その他、詳細はこちらのチラシをご覧ください。

 

全国大陶器市(終了しました)

開催日:令和元年5月25日(土) 〜6月2日(日)

場所:展勝地レストハウス前  駐車場特設会場

全国の有名産地、窯元の焼き物が一挙に勢揃い!

詳細はチラシをご覧ください

第31回 展勝地アラド寄席 三遊亭竜楽 独演会(終了しました)

開催日:平成31年2月15日(金)

場所:展勝地レストハウス

展勝地アラド寄席は年に2回、旧暦の正月と夏至の頃で、今回15日は旧暦の鏡開きの日に開催となりました。

2月に行われる寄席では、新春もちまきや大抽選会と毎回大盛り上がりです。
今回の抽選会の内容として、竜楽師匠からサイン入り色紙、凧、手拭い。当社からは長寿餅(紅白銭餅100個)、岩手県産長いも、オリジナルデザインの憲法風呂敷、甘酒、鬼剣舞クリアファイルでした。

また、1月15日には、外国語&日本語落語DVD第二弾「三遊亭竜楽の外国語落語 with 浮世絵」が発売され、当店でも好評発売中です。

今回もご来場いただきました皆さま、ありがとうございます。

■今回の演目■
 前座 三遊亭西村 浮世根問
 三遊亭竜楽 一席 金明竹
       二席 男の花道

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

家で糸を紡ぐ
homespunと手仕事 Vol.25
(終了しました)

開催日:11月20日(火)~12月2日(日)

場所:展勝地レストハウス

今年は、25回目記念として期間を1週間延長して2週間の開催期間でした。

今回は、ニット作家の林ことみ様からのご縁もあり、㈱日本ヴォーグ社様のSNSに、今回の企画展を紹介していただき、県内外からも多数のお客様に来ていただきました。
岩手の手仕事に直接触たりと、お客様にも楽しんで頂くことが出来ました。沢山のご来場、誠にありがとうございました。

企画展は終わりましたが、岩泉スピンクラフトの草木染めの手紡ぎ毛糸や、マフラー、セーター、日本ホームスパンのストール、羊の小物や、サフォーク羊の靴下、糸を紡ぐスピンドルなど多数、店内にありますので、是非お越しくださいませ。

イベント詳細は、こちらのリーフレットをご覧ください

第13回 葛巻&展勝地 スクラム企画「くずまきワイン」(終了しました)

開催日:2018年12月8日(土) 18:00~20:00

場所:展勝地レストハウス

今年で13回目を迎える 北緯40度葛巻&ガイアのへそ展勝地のスクラム企画は、今年も大盛況で終えることができました。

毎年12月の〝ほたる〟の解禁月の第二週土曜日に開催することに決め、予約チケットが即完売のリピーター率が高い企画です。
食材も、北上産の北上牛、しらゆりポーク、二子いものこなど北上の旬と、葛巻産のワイン、乳製品、雑穀、原木しいたけを多く取り入れ、三陸の海の幸や、西和賀の山菜、展勝地もちなど、お客様に大好評をいただいています。

最後には恒例の大抽選会があり、葛巻からは、くずまきワインや、濃厚なくずまき牛乳、(株)展勝地からは、りんごなどが当たり、大盛り上がりでした。

今回もご参加いただきまたした皆様、誠にありがとうございました。

イベント詳細は、こちらのチラシをご覧ください

 

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
みちのく民俗村 -Michinoku Folkrore Village- [公式ホームページ] 北上市立博物館

トップへ戻る