ブログ

アクセス・周辺観光

えっ❔❕

2020.06.21

6月21日、本日は「夏至」です。

一年の中で、最も昼が長い日です。

今日の北上の日の入りの時刻は、19時06分とのこと。

夕方16時頃からは、「部分日食☀」も観測できます。

空を見上げるには、絶好のお天気ですね!

(太陽を肉眼やレンズを通して見る事は、目を傷める危険があるので、絶対にしないで下さいね!)

 

 

今日のブログタイトルですが・・・

えっっっっ⁈   こ、こいのぼり⁈

 

はい、こいのぼりです(笑)

なんで?と思われることと思います。

レストハウス向かいの「みちのく民俗村」では、旧暦に基づいて、いろいろな行事を行っております。

6月25日(木は、旧暦の5月5日、そう、「端午の節句」なのです。

 

昔の人は、季節の変わり目に、病気や災厄をさけるための行事をおこなっていました。

端午の節句もその一つです。

邪気を避け、悪魔を払うという昔からの信仰がある菖蒲を、ヨモギとともに軒にさし、あるいは湯に入れて「菖蒲湯」として浴しました。

コロナ禍の今、お家でそんな事をしてみてはいかがでしょうか?

25日の当日は、菖蒲の配布予定がありますので、ぜひ足を運んでみて下さい。

 

来年は、満開のさくらと共に、気持ち良さそうに泳ぐこいのぼり達を見られますように・・・

お待たせしました!

2020.06.19

移動自粛制限が解除となり、また少し、いつもの日常に近付きましたね。

今年の春もレストハウスでは、さくらまつりに備えて屋台の準備をしていました。

しかし皆様ご存知の通り、今年は、さくらまつり中止、展勝地駐車場閉鎖、となり、準備していた屋台は一度も営業する事なく、今日まで参りました。

さくらまつりは、桜の花もさることながら、出店される屋台を楽しみにされていたお客様も多いと思います。

 

そんな皆様にお知らせです!

6月19日(金)~21日(日)

6月26日(金)~28日(日)

と、期間限定ではありますが、レストハウスの階段を上った所で、屋台の出店があります。

普段のレストハウスでは味わえないものが、いろいろ並んでいますよ~!

 

先日の暑さが一段落し、外で過ごす事が心地良い今日この頃です。

あじさいも色付き始めました。

ぜひ皆さんで、レストハウスへ遊びにいらして下さいね!

お待ちしております(^▽^)/

出張販売のお知らせ

2020.06.10

6月9日(火)~12日(金)は、

江釣子ショッピングセンターパルさん(フレッシュフィールド)

 

6月12日(金)~14日(日)は、

イオンタウン江刺さん

 

 

にて、出張販売をさせて頂きます。

お近くの方、また、今まで展勝地もちを召し上がった事のない方、ぜひお手にとって頂ければ嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

※十分な数をご用意しておりますが、万が一品切れの際はご容赦下さい。

あと4日!

2020.06.10

今日の北上は、最高気温が33℃を記録しました。

アメダスの最高気温ランキング20位までの半分が東北地方、という、この時期ならではの日でした。

梅雨に入った地域もあるようですね。

皆さん、体調を崩さないよう、十分気を付けて下さい!

 

今日は、よもぎ餅のご案内です。

5月の半ばより販売させて頂いておりました『よもぎ餅』、6月14日で販売終了となります。

 

展勝地のよもぎ餅の自慢は、社員総出で手摘みした、北上・西和賀産のよもぎをタップリと使用している事です。

ジャーン!

 

 

 

よもぎタップリ感が伝わるでしょうか?

この時期にしか食べられない季節の味を、ぜひ召し上がってみて下さいね!

『よもぎのし餅』『よもぎ銭餅』は、方発送も承っておりますので、どうぞご利用下さい。

 

ちなみに今日の屋台では、こんなに美味しそうな『江刺産 桃太郎トマト』が並んでいました。

このような生鮮品も取り揃えておりますので、展勝地に遊びにいらして下さいね!

お待ちしております!

田植えをしました

2020.05.31

先日、民俗村の中にある田んぼと、民俗村南門脇の棚田に、餅米の苗を植えました。

当日は、雲一つない快晴で、絶好の田植え日和!

ヤギの幸(ゆき)ちゃんと福(ふく)ちゃんは、田植えを見守る係です。

代掻き後の田んぼには、ドジョウの姿もありました。

 

田植えの前に、田植えをする前の田んぼの準備や、植えてからの水の管理などのお話を聞きました。

 

【こめ】という漢字は八十八の手がかかるから【米】と書く

 

と聞いた事がありますが、本当にそれだけの手がかかって収穫されるんだ、という事が分かりました。

そして、いざ!田植え開始!

田植え初体験の私は、長靴が脱げそうになったり、そもそも足が上がらず身動きがとれなかったり、と、田んぼの泥に悪戦苦闘

思い切って裸足で田んぼに入った方が良かったかなぁ、と思いました。

 

レストハウス・民俗村職員に加え、有志の方々にもお手伝い頂き、午前中で全ての田んぼに稲を植えることができました。

 

田植えの後は、みなさんお待ちかねのお昼の時間。

その昔、農作業は近所総出で行うもので、作業の合間の休憩時にみんなで食べる「小昼」が楽しみだったといいます。

今回は、それを再現したお昼を用意し、みんなで美味しく頂きました。

 

 

㈱展勝地では、こういった体験型のイベントも企画しております。

しかし今回は、コロナウイルス感染症の事もあり、参加者の募集はしませんでした。

特に、次の世代を担う子供たちに、こういった経験をして頂きたいと思っています。

プライスレスの経験を、ぜひご家族で!

今後、状況が落ち着いてきましたら、改めて告知致しますので、どうぞお楽しみに!

« 前へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || 次へ »
みちのく民俗村 -Michinoku Folkrore Village- [公式ホームページ] 北上市立博物館

トップへ戻る